会員の方はこちらから(ポイント確認・情報変更) ご利用方法 メールで問い合わせ サイトマップ

青森りんご 【ジョナゴールド】


品種: ジョナゴールド(サンジョナゴールド)


交配: 【種子親】ゴールデンデリシャス×【花粉親】紅玉



紅玉特徴:
米国ニューヨーク州農業試験場で、1943年(昭和18年)に、ゴールデンデリシャスに紅玉(ジョナサン)を交配して育成した三倍体品種で、1968年(昭和43年)に命名発表されました。 日本へは、1970(昭和45)年に秋田県果樹試験場によって導入され、翌年には農林水産省果樹試験場によっても導入されています。完熟品は酸味がやや強いですが、甘味と酸味のバランスがとれ、口当たりもよく、多汁でうまいりんごです。 風味は花粉親の紅玉に似ているところがありますが、それより酸味が弱く、生食にも、加工用にも適しています。 果形は円形で豊満、大きさは 300〜400グラム、橙紅色で、室内に放置しておくと、果皮からは、油状のろう質物を分泌するので、果実表面が光るようになります。一般に油があがるといいますが、店頭ではテカテカと光り、触るとベタつきます。しかし、やや未熟な方が保存性がよく、市場に出はじめが値段がよいので、果実が着色すると、熟す前に店頭に顔を出すようになります。

資料参考・引用:青い森の片隅から


★の数で5段階評価しております。
甘さ★★★
酸味★★★
ジューシー度★★★★


収穫時期:10月上旬頃




林檎リンゴりんご屋へ

ページトップへ