会員の方はこちらから(ポイント確認・情報変更) ご利用方法 メールで問い合わせ サイトマップ

アップルペクチン論文1


Annals of the New York Academy of Science
1181:303−310.2009に掲載された論文

チェルノブイリ地区の放射性物質からの開放
13. Decorporation of Chernobyl Radionucleides

V.B. ネステレンコ、 A.V. ネステレンコ
Institute of Radiation Safty(BELRAD研究所)
Belarus



要約

 他国で健康管理と医療を受けるために、毎年数万人のチェルノブイリの子供達が(殆どがベラルーシ地区から)祖国を後にした。歴史的にみても最もひどい大災害の現実をできるだけその被害を少なくするために、多くの国からの医師達は極度に汚染されたChernobyl領域で働いている。しかし、災害の現実の規模と様態はとてつもなく大きく、チェルノブイリのような大災害に対しては世界中のどの国であっても一国では長期的に対処することが不可能である。

 プライベート・ファンドとイニシアチブだけでなく国連と他の国際機関を通しての援助に対しては、被害を被った国々、特にウクライナ市とベラルーシ市は感謝の意を表している。チェルノブイリ事故から22年後でも、ベラルーシ市、ウクライナ市、およびヨーロッパロシアのひどく汚染された地域における年間の個々の線量限度は、まさに局所的に汚染された製品を避けることができない消費のために1mSv/年を越えている。

 BELRAD研究所の11年の経験は、子供達のため効果的な被曝予防のためには放射線の干渉を公式な危険限界(例えば15-20Bq/kg)の30%に設定することが必要であることを示している。ひどく汚染されたBelarussian地域の住民の身体中のCs-137の全身蓄積を直接測定すると、公式に認められている量より年間では少なく見積っても3倍から8倍の過量を示している。

 実際的には、特にアップルペクチン添加食品を摂取することによる治療効果ではCs-137の除去効果に効率的に役立っている可能性がある。

 1996年から2007年に亘り160,000人を超えるBelarussianの子供達に、18日から25日の期間にペクチン添加食品物(1日に5gを2回投与)を治療目的で服用させた。

 放射性物質に汚染された食物の消費が不可避の状況下にある環境では、個々の人々の放射線防護(放射性物質からの開放)のためには、様々なペクチンベースの食品添加物と飲み物(りんご、干しぶどう、海草などの使用による)を製造し、それを応用することが最も効果的な方法の1つである。



情報

ページトップへ